私の基本投資戦略

ここでは、私の基本投資戦略について説明しておきます。

まず前提として、私は投資に関してはまったくの素人です。

したがって、テクニカル分析を十全に使いこなせるわけではありません。売買の良いタイミングや短期間での相場の変化は基本的に読めるものではないので、あえて図らないという立場です。

世の中には相場読みが上手い人と下手な人がおり、下手な人が圧倒的多数派だと思います。私は自分が上手い方だとは思えなかったので、あえてしないことにしました。

そこで、私のようなセンスのないまったくの素人でも、リスクとリターンの天秤を上手く量りながら、着実に利益を積み重ねていくための方法を考えました。

と言っても、そんなに難しいことはしていません。むしろ教科書通りの王道の投資法に近いものです。私の方法は、どんなに投資センスのない人でも、私と同じようにやればまったく同じように行うことができます。

ただし、大勝ちはできないかもしれません。本当に投資の上手い人には絶対に勝てないし、運良く当たりを引いた人にもまず勝てません。基本的には誰でもできる投資法なので、無理をして大きな勝ちを欲張りにはいきません。

しかしながら、長期的に見れば着実なリターンを得やすい手法になっています。投資でなるべく負けたくない人、一定の勝ちで良いからしっかり収めたいという人には、確実に勝つことを保証するわけではありませんが、おすすめできる手法になっています。

キーコンセプトは、生き残ることを優先する、短期で負けたとしても長期間のトータルで勝つ、他人は気にせず自分なりの芯を持って着実に利益を積み上げる、というものです。

それを具体的に実現するための私の基本投資戦略ですが、ファンダメンタルズ分析を重視した上で、長期分散投資を軸とします。

平たく言うと、「将来上がることが期待できそうな銘柄を何種類も買っておいて、上がるまでひたすらじっと持っているだけ」というとてもシンプルな戦略です。上がることが期待できそうな銘柄を見極めるのが難しいですが、買って持っているだけなら誰でもできます。

そして、私やあなたに求められるものはただ一つ、自分を信じてじっと待つことです。

投資には儲け話がいっぱい転がっていて、隣の芝生は青く見えてしまうものです。相場は上がることもあれば下がることもあり、特に動きの激しいときは心を揺さぶってきます。相場の世界はあの手この手で、私やあなたを我慢できずに動かそうと誘惑してきます。

そういったものに惑わされず、自分の判断を信じてじっと待てるかどうか。これができるかどうかが、私の投資手法の成否を分ける最大の要です。実際には、じっと我慢できる人が中々いないので、原理上は誰でもできるはずなのに、私の投資手法を真似するのはむしろ難しいかもしれません。

私のやり方を真似するなら、マインドをしっかり持つことが大切です。そして、マインドをしっかり持つためには、自分でよく考えて納得した上で投資する必要があるでしょう。私の示すやり方も決して鵜呑みにせず、メリットとデメリットをよく考えてもらえたら嬉しいです。

納得のためには、確たる知識や根拠が大きな助けになります。知識や根拠は、日々の勉強や調査によって少しずつ身に付けていくものです。結局のところ、投資は簡単なものではなく、しっかりと利益を上げるためには、それなりの勉強が求められます。

しかしながら、投資をきちんと学んだ上で私のやり方を実践すれば、大きくは勝てないかもしれませんが、おそらくは半数以上の個人投資家には勝てるでしょう。しかも行為としては、ただ買って持っているだけで、です。

それでは、私の基本投資戦略を具体的に示していきたいと思います。

現在は資産クラス別に、次のような戦略で投資を行っています。

  1. 株式ETFを活用した米国および世界経済への長期分散投資(期間は最低10年以上、できれば20年以上)
  2. 取引高が上位の仮想通貨への長期分散投資(期間は1年以上数年程度を想定)

このブログには、仮想通貨投資が目的で来られる方が圧倒的に多いかもしれませんが、私は投資の王道はあくまで株式投資(特に株式ETF投資)だと思っているので、まず第一に株式ETFを挙げさせて頂きます。

実際、私も最初に始めたのは株式投資からであり、現在でもしっかりと続けています。むしろリスクの高過ぎる仮想通貨投資なんかよりも、ずっと心の拠り所にしています。

なぜなら、株式はリスクとリターンのバランスがちょうどよく、また長期的に安定したリターンを上げてきた実績があるからです。

私は、投資初心者こそ株式から始めるべきだと強く思っています。具体的なメリットは、次の通りです。

  1. 仮想通貨投資よりもリターンは低いが、リスクも低いため比較的安心して始められる
  2. 税金面が仮想通貨投資よりも圧倒的に有利。さらにNISAを使えば、運用益は非課税
  3. インデックス投資信託やETFと言った金融商品がツールとして優れており、数千円数万円の少額からでも手軽に長期分散投資が可能
  4. 歴史があるのでインフラが整っており、セキュリティ面でも安心して取引所を利用できる

1.と3.と4.は特に解説不要(投資信託とETFについては後でリンクを貼っておきます)と思いますので、2、についてもう少しお話します。

現在、仮想通貨投資における確定利益にかかるものは所得税住民税であり、累進課税によって最大55%もの高税率になります。また、本業とは別に20万円以上の利益を得た場合は、確定申告をしなければなりません。

株式は違います。源泉分離課税と言って、基本的には確定申告は必要ありません。また、税率も一律20.315%です。どんなに稼いでいても、です。

この税率は一部の諸外国と比較しても安いものであり、日本は総じて株式天国であると言えます。しかも、NISAを使えば、年間120万円×5年分について、運用益は非課税になります。

正直言って、これだけ有利な仕組みを使わないのはもったいないと言えます。現在仮想通貨投資しかしていないという方でも、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

では、投資手法の話に戻りたいと思います。

1.株式ETFを活用した米国および世界経済への長期分散投資(期間は最低10年以上、できれば20年以上)

まず投資信託とは何かを知らないと、ETF(上場投資信託)は理解できません。投資信託について、例えば次のリンクが参考になるでしょう。

そもそも投資信託とは? – 投資信託協会

 

それから、インデックス投資信託とETFについて、基本的なことは以下のリンクが参考になるでしょう。(少しレベルが高いかもしれませんが、とてもよくまとまっています)

インデックス投信とETFの違いを比較してみた。

 

以上を踏まえた上で、ここからは私の意見になりますが、インデックス投信とETFを比較したとき、総合的に見ると、ETFの方がより優れた商品だと思います。コストの安さと透明性、そして売買のしやすさにおいて大きな優位があると思うからです。

投資信託は、コストの透明性においてETFに大きく劣後します。これはあまり一般的な解説サイトでは注目されないことなんですが、実は結構重要なことです。

投資信託には、信託報酬以外にも見えないコストがあります。それらは事前にいくらかかるかわからないので、事後的に公表すれば良いことになっています。銀行や証券会社の連中はクソなので、見えないコストを用意すると何かと理由を付けてこっそり利益を抜いてしまいます。マジです。

だから、カタログで言われているほど実際の投資信託のパフォーマンスが良くならないということが、本当によくあります。知らないところで妙なコスト(奴らにとっての利益)が抜かれているからです!

なので、そういう言い訳のしにくいETFの方が優れた商品と言えます。私は一応そういう業界で働いているので、本当にそう思います。

ダメ押しで、次の連載記事を紹介しておきます。ETFは本当に素晴らしい金融商品です。

広瀬隆雄のはじめてのETF

購入者利益に適い、販売側が手数料などの利益をあまり取れないので、日本では当の金融業者が進んで売りたがらないほどの優良商品です。基本的に日本の銀行や証券会社がこぞって勧める商品は、奴らだけがぼろ儲けできるクソ商品なので、逆説的に奴らが勧めたがらない商品は素晴らしい商品であると言えます(笑)

余談ですが、間違っても野○証券とかのクソファンドを買ってはいけませんよ。ネット証券とかでも巧妙に謎ランキング入りしてますが、そういうのに限って信託手数料2%超えとかの詐欺師真っ青の激高水準だったりするので。

クソばかりで話が脱線しましたが、戻しましょう。

ETFの中でも様々な種類があり、人によっておすすめする商品というものもまちまちになってきます。なので、ぜひ自分でも調べて自分なりの良い商品を探して欲しいところなんですが……。

一応私のおすすめを述べておきましょう。

私なりに色々と調べて考えた結果、そして色々やってみた結果、総合的に考えて、鉄板中の鉄板なんですが、私は次の2種類に落ち着きました。

VT(バンガードトータルワールドストック)SP500ETF(VOO or IVV)あるいはVTI(バンガードトータルストックマーケット)です。(SP500ETFとVTIは似たような商品性なので、まとめて1カウントとしています)

その中でも、VT、VOO、VTIは信託報酬率の安さで知られるバンガード(カードゲームのやつじゃないですよw)、IVVはブラックロックという巨大ファンドが販売提供者となっています。どちらも世界有数ファンドの一角です。

VTとは世界経済全体に投資するETFであり、SP500はアメリカの大型企業全体に投資するETFです。それぞれたった一つの銘柄で、既に恐ろしく分散されているわけです。長期分散投資の申し子のような投資商品です。分散されまくっているので、株式なのにリスクが比較的低く、値動きも比較的安定します。

そしてコストがめちゃくちゃ安い。VTは年0.11%、SP500にいたっては年0.04~0.05%と破格の水準です。しかもこのコスト、さらに年々安くなっていまして、最後はゼロになるのではないかとすら言われています。

また、どちらも超が付くほどの人気商品であり、流動性が極めて高いことも安心材料です。買えない、売れないということがまずありません。

以上の性質から、VTとSP500ETFは誰もが認める優良ETFであり、投資行為における基準となるべき商品です。投資のパフォーマンスの良し悪しは、単にVTやSP500を買うよりもパフォーマンスが良いかどうかで判別できると言っても過言ではありません。

それで、私の株式投資戦略とは平均値を取ること。言ってしまえば、この基準を買うことです。VTとIVVを同額ずつ買って放置する、ただし、配当は再投資する、というものです。

本当にそれだけです。他には何もしません

あえてVTとIVVの組み合わせにしたのは、販売提供者についても分散投資したかったという以上の意味はありません。VTとSP500の組み合わせであれば何でも良いと思います。

拍子抜けしましたか?

ですが、ただそれだけのことをやって10年以上放置しておくだけで、おそらくは素晴らしいパフォーマンスが期待できると私は理解しています。だから手軽さとのバランスを考えて、結局はここに落ち着きました。

この投資によって得られるリターンは概ね年7%程度だと言われています。ただし複利で効いてきますので、10年も入れておけば、投資金額の2倍弱のリターンが得られます。

10年で2倍。これが大きいか小さいかを考えるのはあなた次第ですが、私は十分大きいと思います。銀行に預けても金利が年0.01%、定期預金でも年0.2%の時代に、年7%はリスクがあるとは言え、破格の水準です。

そして長期投資であれば、リスクについてもさほど心配は要りません。特に株式投資は、長期投資すればするほどリスクが加速度的に小さくなっていきます。10年ではちょっと怪しいかもしれませんが、20年以上根気強く投資し続けた場合は、期待リターンから外れることは滅多にありません。そしてこの場合は、投資金額の4倍近いリターンになって返ってきます。

時間をかけてお金を育てること。これが長期投資の本懐です。その本懐を実現化できる商品こそが、VTとSP500ETFなのです。

2.取引高が上位の仮想通貨への長期分散投資(期間は1年以上数年程度を想定)

……とまあ、散々株式ETF投資の素晴らしさを語っておいてなんですが。

私の場合、もっとリスクの高い勝負をしなくちゃいけないことに早々に気付いてしまったんですよね……。

1.のやり方では、10年で2倍近く、20年で4倍近いリターンが得られます。それはとてもすごいことなのですが、逆に言うと真っ当なやり方では長い時間かけてやっと数倍にしかできない。

今ある100万を1億にすることはできないわけです。

よく投資で働かなくてもよいほど稼ぐというのがありますが、普通に投資していたのでは無理です。そもそも真っ当な投資とは、年数%の利益程度の代物であり、将来の資金を豊かにするための補助として行われるものであって、それメインで暮らせるようには、無難にやっていてはなれません。逆に言うと、普通に定年まで働くつもりのある人こそ、投資をきちんとやって老後資金の準備をしっかりすれば怖いものなしだとは思いますが。

定年に達するより前に経済的自由を得るためには、よほど本業で稼ぐか、それが無理なら、投資では修羅場をくぐる必要があります。

どこかで博打をしないといけないということです。

その覚悟をすることが、博打の対象を見出すことが、私には今までできませんでした。

仮想通貨と出会うまでは。

 

明らかにバブル相場です。しかし、バブル相場だからこそ上昇傾向がわかりやすい。

賭けるなら今だと思いました。今しかないと。

 

やるなら確実に勝ちに行く。たとえ1年で100倍にしなくても、10倍20倍にできれば、真っ当なやり方でも億に届かせることができるかもしれない。

私は仮想通貨投資と真っ当な株式投資のハイブリッド戦略で、10年単位の長期計画で億と自由を得るプランを立てました。

今ある100万を1億じゃなくてもいいから、せめて1000万や2000万に変えるために。そのために、私は仮想通貨投資をすることにしました。

勝算はあります。手順を述べていきましょう。

具体的なポートフォリオについてはここでは書かずに、投資成績の個別記事で書こうと思っていますが、基本的には株式投資と同じ考えです。鉄板の上位銘柄に長期分散投資することでなるべくリスクを下げることを狙います。こうすることで、ポートフォリオと仮想通貨市場全体の連動性が高くなります。

仮想通貨市場全体との連動性が高くなれば、仮想通貨市場全体の時価総額規模によって、自らの資産規模をおおよそ推測することができます。今のところ、この予測は大きく外れてはいません。

2017年12月末現在、仮想通貨市場全体の規模は、0.5~0.6兆ドル前後を推移しています。

バブルが弾けるまでに、市場全体のパイがどこまで膨らむかがキーになってきます。

このことについて、ドットコムバブルと呼ばれる2000年代の一連のITバブルが、良いヒントを与えてくれます。

ドットコムバブル最盛期、世界株式時価総額30兆ドルあまりに対し、IT関連の株価時価総額は5兆ドル程度だったそうです。5/30です。

仮想通貨バブルは、勢いや規模においてドットコムバブルを上回るとされています。

そして、現在の世界株式時価総額は80兆ドル前後であるようです。

ここから導き出される答えは。(もちろんただの予測でしかないですが)

 

私は、仮想通貨市場全体が少なくとも5兆ドル規模まではいくだろうと予測を立てました。比率としては5/80、むしろドットコムバブル時よりもかなり保守的であるとさえ言えます。それどころか、10兆ドルまではいくかもしれません。

 

すなわち、仮想通貨市場は最低でも今よりも10倍は膨らむと見立てました。20倍もあるかもしれない。だから、私は市場全体に連動するように長期分散投資するだけで、勝手に10倍に近いリターンが得られるだろうと見ています。20倍もあり得るだろうと。

 

これが私の作戦です。難しいところは何もありません。買って持つ。それだけです。

 

果たして私の予想通りになるのか。私自身が人柱となって、リアルタイムで検証していこうと思っています。

 

以上が、私の基本投資戦略です。長文にお付き合い頂き、ありがとうございました!

  1. Cardano(ADA)

    Cardano(ADA)について徹底的に調べてみた 第1回~ホワイトペーパーを読…
PAGE TOP