ポストブロックチェーン通貨

ポストブロックチェーンの到来~DAG系通貨の未来に迫る~

ポストブロックチェーンの到来~DAG系通貨の未来に迫る~

IOTAとAidos Kuneen(ADK)と言えば、名前だけは知っているという方は割といらっしゃるのではないでしょうか。ポストブロックチェーン通貨として有名なものです。しかし実際のところ、何が新しいのか、さっぱりわからないという方は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ポストブロックチェーン通貨の性質をなるべく浮き彫りにしてみたいと思います。

IOTAとADKの違いを一言で言ってしまうと

IOTAは2018年1月現在、BinanceやBitfinexなどで取引することができます。一方、ADKは唯一以下のAidos Marketにて売買することができます。

Aidos Market

どちらもブロックチェーンを基礎とはしない新しいタイプの通貨です。DAG(Directed acyclic graph、有向非巡回グラフ)というグラフ理論の概念をベースにした新技術が用いられており、いわゆるポストブロックチェーン通貨としてにわかに注目を浴びています。

一言で言ってしまえば、IOTAとADKとの違いは、IOTAはあくまでも革新的な新技術にこだわって長期的視点で研究開発が進められているのに対し、ADKはIOTAの標榜する新技術は未だ実現性に乏しいとみて、IOTAでは未完成の部分を実績のある既存技術によって置換し、代わりにより早期の実用化を目指したものです。

すなわち、次の図式が成り立っています。

理想的に開発された場合の技術的高度:IOTA>ADK
早期実現可能性:IOTA<ADK

 

これはどちらがよりよいというものでもなく、どちらも一つの立派な戦略です。

そもそもブロックチェーンってどんなもの?

DAGについて話す前に、そもそもブロックチェーンってどんなものかをおさらいしておきましょう。私が一々書くまでもなく、既に色々な解説記事がありますので、ここではリンクを紹介するに留めておきます。

とりあえず、ブロックチェーン≠ビットコインであり、ビットコインはあくまでブロックチェーンの(重要な)応用例の一つであるという事実は、基本的なことですが認識していない方もいらっしゃるかもしれないので、押さえておきたいポイントです。

それでは、いくつか紹介しておきましょう。

1.ブロックチェーンをビジネスパーソン向けに解説した記事

ブロックチェーンとは結局何なのか」ビジネスパーソン向けに徹底解説&ブロックチェーンの衝撃・金融サービスへの応用補足説明

2.テックビューロの創業者による長くて読み応え抜群のビットコイン解説(やや難)

誰も教えてくれないけれど、これを読めば分かるビットコインの仕組みと可能性

3.2番を踏まえた上で読むとさらにブロックチェーンがわかるかも(やや難)

ブロックチェーンの正体

4.言わずと知れたナカモトサトシによるビットコイン原論文(難)

Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System

5.ビットコイン原論文をコインチェックが日本語訳したもの(難)

日本語で読むビットコイン原論文

種々の合意形成アルゴリズムについて(PoW、PoS、PoC)

ブロックチェーン技術をパブリックに活用する場合、何らかの合意形成アルゴリズムというものが必要になってきます。取引を不特定多数の人が上手く承認するためのアルゴリズムです。

こちらについては、手前味噌にはなってしまいますが、私のADA特集記事第2回

Cardano(ADA)について徹底的に調べてみた 第2回~ウロボロス 新たなるPoSシステム~

の途中にて解説されていますので、ご参考までにどうぞ。

仮想通貨「革命」の本質~非中央集権的であることの重要性~

上の記事の中では、PoC(プルーフオブコンセンサス)というリップルが採用している合意形成アルゴリズムにも触れられています。これは一定の条件を満たした「信頼のできる」承認者を設定してその承認者に承認してもらうというやり方であり、取引承認のスピードは格段に上がりますが、代わりに承認が一定の承認者に管理されてしまうので、中央集権的性格を持っていると言えます。

PoCと同種の概念の一般名称は、PBFTと言います。中央集権的性格を持たせることによって取引を高速化しようという考え方であり、また仕組みです。こちらの解説は、例えば次の記事があります。

コンソーシアム型ブロックチェーンで使用できる合意形成アルゴリズム「PBFT」

PBFTから名前が微妙に変わった実質的に同じものが、色んな通貨のホワイトペーパーで出てきます。この概念が用いられている通貨は、基本的に中央集権的性格を持っているということは押さえておくべきポイントでしょう。

私個人としては、非中央集権的であることの価値は見落とされがちですが、決して無視できないものだと思っています。

例えばリップルの通貨であるXRPを例に挙げますが、XRPについて、取引の承認はほぼリップル社頼みなわけです。したがってリップル社が攻撃されてダウンしてしまうと、まったく機能しなくなってしまいます。あるいはリップル社が潰れても同じことです。暴騰暴落時など、リップル社自身が取引規制する恐れもあります。

将来的にはリップル社単独ではなく、おそらくは数々の銀行が実質的な承認者となりますが、銀行というものをあまり信じてはいけません(笑)いやほんとに。

銀行とはつまり既存の権力者側の存在です。すると、歴史上何度もそうされてきたように、有事の際に銀行が預金封鎖だとか送金停止措置を取ってしまうと、XRPは使いたくても使えない通貨に成り果ててしまいます。フィアット(法的通貨)とさほど性格は変わらない、誰かに支配されている通貨ということです。

非中央集権的な通貨は、この点において決定的に違います。いくつかの取引所で規制されたとしても、全世界で同時に規制されない限りは、事実としてその流通を妨げることはできません。今は取引所が取引停止措置などを度々行っていますが、いずれ個人の保有するウォレットで自由に世界の誰とでも売買できる日が来ます。そうなればもう誰にも止められない。

ちょっと話が逸れてしまいましたが、非中央集権的であることは真に新しいお金にとって必要な要素ですので、改めて強調しておきます。取引速度や決済の手軽さに注目するとリップルやVISAやApple payでいいじゃないかという話になりますが、仮想通貨の真の価値はそこにはないのです。

既存の権力者から個人の手にお金の権利を奪い取る。個人が個人の権限で自由にお金を使ったり、発行することができるようになる。これが仮想通貨「革命」の本質です。2000年代始めのIT革命にも匹敵する大きな変革が起ころうとしています。このことが理解できるともっと投資が面白くなると思います。

 

ブロックチェーンの限界~パブリックなものにはどうしても手数料が必要になる~

ブロックチェーンと合意形成アルゴリズムについては、何となく理解できたでしょうか。とりあえず上に挙げた1番と私のADA記事だけでも読めば、ブロックチェーンと合意形成アルゴリズムについては大体どんなものかはわかると思いますので、上に挙げた1番と私のADA記事くらいの知識はあるという前提で以下は進めさせて頂きます。

実はブロックチェーンそのものには特に手数料は必須ではないということが、上に挙げた記事には書いてあります。手数料はあくまで合意形成(取引の承認)を成り立たせるための道具に過ぎないのです。

ただし、手数料が要らないのは、事実上プライベートなブロックチェーンに限定されます。

 

ビットコインのようなグローバルかつ非中央主権的なブロックチェーンでは、実際に合意形成を安全かつ円滑に行うためには、トランザクション手数料の存在は事実上欠かせないものになっています。なぜなら、無報酬でも取引の承認作業をしようという者はそんなに多くないという単純な理由によってです。

繰り返しになりますが、PBFTにおいて手数料が安くて済むのは、中央集権の仕組みを採用しているからです。旧来の銀行と本質的には変わらない仕組みであり、非中央集権的であるというビットコインの重要だけど見落とされがちな性質を犠牲にして成り立っているものです。

では、非中央集権的である性格を失うことなく、なおかつ無料か極めて安いトランザクション手数料を実現するためには、どうしたら良いでしょうか?

ここに、ブロックチェーンによらない新しい技術によって仮想通貨を打ち立てる動機があります。そういった通貨を実現するための一つのアイデアこそがDAGなのです。

DAGとは何か?~グラフというものの数学的説明から~

DAG(Directed acyclic graph、有向非巡回グラフ)とは何でしょうか? 「有向」「非巡回」「グラフ」と分解できますが、このままでは何かさっぱりわかりませんね。

DAGについて直接解説する前に、DAGというものが、グラフ理論という数学理論の概念であることは指摘しておくべき事実でしょう。

そこで、ちょっと回り道にはなりますが、そもそも数学におけるグラフとは何かということから説明した方がイメージが掴みやすいと思いますので、そこから説明します。他の記事ではあまりやってないと思いますので。

 

また少し難しくなってしまいますが、いってみましょう。

数学におけるグラフというのは、点と辺によって結ばれた図形のことを言います。

 

……数学って、滅茶苦茶抽象的な定義をするんですよね(笑)

 

わけがわからないと思うので、ここでは、いくつか例を示すことによってイメージを掴んでみましょう。

○―○―○

○を点だと思い、―を辺だと思って下さい。上のような図形こそが、簡単なグラフの一例です。

逆に、グラフでないものの例を挙げます。インターネット検索画像からの引用です。

このように、中身が塗り潰されていたりして、点と辺だけではない図形グラフとは言いません。あくまで点と辺のみによって構成されていることが重要です。

また、別のグラフの例に戻ります。

他には例えば、五芒星や六芒星なども立派なグラフの一例です。インターネット検索画像からの引用です。

こういったグラフは、全体としては閉じた形をしています。このようなグラフを、巡回グラフと言います。すべての点と辺を辿って巡回できることが、この名前の由来です。

一方で、閉じていない形のグラフもあります。いわゆる無限グラフというものがその一例なのですが、例えば下のように無限に続くものです。

○―○―○―○―……

このようなグラフは、すべての点と辺を辿って巡回することが不可能であるため、非巡回グラフと言います。

また、グラフには矢印の付いていないものと付いているものを考えることができます。矢印が付いているものは、その方向にしか辿れないというルールにします。一方通行みたいなものです。

矢印の付いていないものは、例えばこんな感じです。Wikipediaからの引用です。

矢印の付いているものは、例えばこんな感じです。Wikipediaからの引用です。

矢印の付いているグラフのことを有向グラフと言います。

以上から、DAG(有向非巡回グラフ)とは、「矢印が付いていて、かつすべての点と辺を辿って巡回することのできないグラフ」のことを言います。それ以上でもそれ以下でもない、純粋に数学的な概念あり、構造です。

ここまでで、DAGについて重要な事実がわかりますので、列記しておきます。

  • DAGとは、純粋な数学的概念である。グラフの一種の構造のことである

  • DAG通貨とは、DAGの構造を生かして設計された仮想通貨のことである

  • DAGは、一般にはブロックチェーンではない

特に最後は重要です。DAGなのにブロックチェーンみたいなよくわからないことを言っている通貨が散見されますが、そいつらは詐欺コインかもしくはDAG通貨になろうとしているけどまだDAG通貨ではないコインです。本物と偽物を見分ける際の注意点として、ぜひ覚えておきましょう。

DAG通貨とは?~ブロックチェーン通貨とは何が違うのか~

まずそもそもにして、

  • DAG通貨とは、DAGの構造を生かして設計された仮想通貨のことである

ということです。では、どうやって生かしているのでしょうか?

点を取引情報、辺を取引情報の繋がりだと思うことで、DAGは一種の取引情報のネットワークだとみなすことができます。

 

実はブロックチェーンも、広い意味ではDAGと見なすことができます。

点を取引情報を集めたブロック、辺をブロックとブロックの間の繋がりと解釈します。矢印は時系列です。トランザクションの情報は未来に向かって永遠に続いていくので有向非巡回グラフ(しかも無限グラフ)の一例になっています。

ただしブロックチェーンを表すグラフは、以下のような一直線のとても単純な構造をしています。

○→○→○→○→○→……

この単純な構造から、以下の事実がわかります。

  • 取引の処理(ブロックの生成)は一直線に向かって順番になされていくため、並列処理ができない。なので、処理速度にはどうしても構造的な限界がある

この問題を解決するのが、DAG通貨なのです。DAG通貨では、以下のようなより複雑な構造で並列処理を行います。

インターネット検索画像からの引用です。

このように、従来のブロックチェーンに比べると、圧倒的に複雑な構造を持っています。そのため、爆発的な勢いで取引の承認作業が行われていきます。大抵の場合、情報は勝手に伝搬されるようになっているので、マイナーを必要としません。マイナーが必要ないのだから、トランザクション手数料も必要ありません。

したがって、以下の特筆すべき特徴を持ちます。

  1. 手数料が無料もしくは極めて安い(マイナーを必要としないため)

  2. 高速かつ大規模のトランザクション(取引)処理性能

  3. スケーラビリティ問題の解消(並列を増やせばいくらでもスケールが拡大できる)

一方で、複雑な構造に由来する次の欠点も抱えています。

  1. 技術的にブロックチェーンよりも圧倒的に難しい。実現性については未知数

  2. 構造が複雑であることから、セキュリティ面に不安がある。安全性を証明することが難しい

  3. 取引情報のデータ容量が非常に大きくなりやすい。性能の低いスマホなどでは処理できない恐れ

DAG通貨のメリットとデメリットについて、少しは理解できたでしょうか?

他にもポストブロックチェーンは色々ある

実はブロックチェーンに代わる新技術は、DAGだけではありません。Hashgraph、Raiblocks(XRB)、Radixなど、ポストブロックチェーンを担うべく、様々なアイデアや新技術が既に現れてきています。

今後時間があれば個別に解説するかもしれませんが、とりあえずリンクを貼っておきますので、興味のある方はぜひご覧下さい。英語注意です)

  • Hashgraph

Hashgraphは、IOTAのTangleと構造はやや似ているのですが、gossip protocol(ゴシップ(噂)プロトコル)という概念を駆使しているのが特徴です。以下の強みを持っていると主張しています。

  • 無料のトランザクション手数料
  • 高速かつ大規模のトランザクション処理性能
  • スケーラビリティの問題の解消
  • 数学的に安全性を証明されている(論文あり)。銀行にも劣らない高いレベルのセキュリティ
  • DAG系統にも関わらず、データ容量が軽い

特に後ろ2つはIOTAやADKにはない極めて強力な特徴で、個人的には次世代通貨の中でもトップレベルに将来性を期待できるのではないかと思っています。

逆に、現状では以下の弱点を持っています。

  • オープンソースではない。したがって、どれほどパブリックな活用ができるかは疑問(企業など、プライベート向けの提供になりそう)
  • SDKは出ているものの、本格的な実用化にはまだ遠い

ただこれらデメリットを差し引いても、個人的にはかなり注目の技術です。実はHashgraphは技術そのものを指し、特定のコインを指すわけではありません。Hashgraphを使ったサービスやコインは、これから出て来るかもしれません。今後の発展に期待します。

Hashgraphの公式ページ
Home – Hashgraph

Swirlds社の公式ページ(Hashgraphを利用したプロダクト開発を行う会社)
Home – Swirlds

  • Raiblocks(XRB)

ブロックチェーンをアカウント毎に別々に生成して、それらを束ねた総体に対してトランザクション処理を行うblock-lattice(ブロック束)という概念が特徴です。見た目はDAGと似ていますが、あくまで既存のブロックチェーンを応用・発展させた仕組みとなっています。なので、既に実現性が高いという特徴を持っています。現状では、最も開発の進んだDAG系通貨かもしれません。

Raiblocksの公式ページ
Raiblocks

  • Radix

Radixは、DAGの発想を足掛かりとして、さらに強力な独自の技術を発展させていると主張しています。やはりgossip protocol(ゴシップ(噂)プロトコル)を応用しているのが特徴です内容が相当難しいので、ここで簡単に説明することはできないのですが、私個人的にはかなり期待しています。

公式ページ
Radix DLT

DAG系通貨の未来に関する私見

最後に、私見を述べさせていただきます。

振り返ると、次世代の通貨は、概ね次のような特徴を持っています。

  • 手数料が無料もしくは極めて安い
  • 高速かつ大規模のトランザクション処理性能
  • スケーラビリティ問題の解消

逆に、大体が以下のような弱点を持っています。

  • 新技術に根差しているため、安全性や稼働性が十分に実証されていない
  • プロダクトはまだほとんど何も実現していない。今後の実現可能性もわからない
  • 大抵の場合、ブロックチェーンほどにはセキュリティ上堅牢な仕組みではない

おそらくは新技術の完成系を見たとしても、ブロックチェーンにはセキュリティ面でやや劣後するかもしれないと考えています。ブロックチェーンというのは、理論面からも実証面からも安全性を証明された、非常に堅牢な仕組みです。(だからこそビットコインは価値の保存の手段として画期的であり、これほどまでに持て囃されているのです)

したがって、新しい世代の通貨がブロックチェーン通貨を完全に駆逐してしまう未来はちょっと考えにくいような気がしています。(あくまでも個人の予想です)

では、どこに活用が見出されるかと言えば、上に挙げた利点を活かしたものになると考えられます。特に手数料が無料もしくは極めて安い点と、大量の取引を一度に捌ける点を活かして、

  • マイクロペイメント(額の少ない支払い)

  • IoT(Internet of things、モノのインターネット)

への応用が期待されます。

どちらも、構造上システムの運用にそれなりの手数料を必要とするブロックチェーンにとっては苦手な分野となっています。

逆に、ブロックチェーンの得意な分野は、手数料を支払ってでも安全な取引をしたい場合になるでしょう。したがって、

  • マクロペイメント(額の多い支払い)

  • 商取引やクラウドファンディング

  • 身分証明や公的文書証明

といった、より確実な安全性を求められる分野に使われ続けると思われます。

ブロックチェーン通貨とDAG系通貨が得意分野で棲み分けをする未来が、私は来るような気がしています。

関連記事

  1. 仮想通貨

    仮想通貨を始めよう その4 主な取引所一覧と私の活用法

    主な取引所一覧~私なりの活用法を教えます~主な取引所一覧~私なりの…

  2. 仮想通貨

    仮想通貨を始めよう その2 取引所に登録しよう

    取引所に登録しよう 一般的な登録の流れ取引所に登録しよう前回、…

  3. Cardano(ADA)

    Cardano(ADA) ウロボロス論文日本語訳 冒頭~1導入まで

    注意書きこの文章は、IOHKの論文"Ouroboros: A …

  4. Cardano(ADA)

    Cardano(ADA)について徹底的に調べてみた その2 ウロボロス 新たなるPoSシステム

    ウロボロス~Cardano(ADA)のPoSシステムは従来と何が違うの…

  5. Cardano(ADA)

    Cardano(ADA) ウロボロス論文日本語訳 9 攻撃についての議論

    この記事はCardano(ADA) ウロボロス論文日本…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

リンク

数学ブログもやってます

restmath.com

  1. Cardano(ADA)

    Cardano(ADA)について徹底的に調べてみた その1 ホワイトペーパーを読…
PAGE TOP
error: Content is protected !!