投資の知識

アービトラージ(裁定取引)とは?~「必ず儲かるやり方」に潜む甘い罠~

アービトラージ(裁定取引)とは?~「必ず儲かるやり方」に潜む甘い罠~

この記事を書いた目的~「必ず儲かる」という甘い言葉に騙されてはいけません!~

当ブログでは、個々の仮想通貨に関する解説の他にも、投資に関する正しい知識をまとめて皆さんに提供しようと考えています。

それはもしかしたら、あなたが直接儲けるためにはまったく役に立たないかもしれませんが、正しい知識を持っておくことは、明らかに誤った投資から身を守ることにも繋がり、また根拠のある投資判断にも繋がり、自信にも繋がります。

自分を信じて投資できない者は、ちょっとした儲かる情報にコロッと騙されてしまったり、ちょっとした暴落ですぐ狼狽えてしまい、長期的には勝ちにくいものだと思います。仮想通貨はリスクの高い投資法だからこそ、しっかりとした芯を持って投資して欲しいものだと願います。

さて、本記事を書いた目的ですが、最近いくつかの記事で目に余る詐欺紛いの勧誘行為を見かけるようになったため、その牽制と注意のためにこれを書くことにしました。これを読んで、騙される不幸な方が少なくなるようにと願って書きます。

問題となっている投資手法とは、タイトルにもある通り、アービトラージ(裁定取引)というものです。

 

別名さや取りとも呼ばれるこの投資手法は、いかにも美味しそうな名前からもわかるように、理論上は売買対象の価格が上がっても下がっても、さやを取って必ず利益を上げられるという、一見魔法のようなやり方です。

しかし、これも口を酸っぱくして言っていることですが、投資はリスクなくしてリターンはあり得ません。「必ず儲かるやり方」なんてものは存在しません。

 

別にアービトラージ(裁定取引)そのものが悪いわけではないのです。普通のFX投資の世界ではよく知られた普通の投資手法の一つであり、確かに「理論上は」必ず儲けることができる手法です。

ですが、実際は(当然ですが)色々とリスクがあり、高度なスキルを求められる難しい投資手法です。素人にはとても勧められる手法ではありません。

ですが、こんな難しい代物を何も知らない素人に勧めちゃう悪い人がいるみたいなんですよねえ……。個人的には、すごくがっかりしました。

 

仮想通貨投資が初めてという方は知識のあまりない方が多いのでアービトラージ(裁定取引)というものをまったく知らないまま、「必ず儲かるやり方」だと言われて、素直にホイホイ引っかかってしまう危険があります。

よくあるのは、アービトラージ(裁定取引)をするための投資ツールを数十万や数百万とかで販売するというやり方です。高いけど元は取れるからと、親切な顔をして「あなただけ特別に」と売りつけてきます。ひどいもんですね。

そんな状況ですから、私は待ったをかけたい。

改めて結論を言いましょう。確かにアービトラージ(裁定取引)は「理論上は」必ず儲かります。

 

ただし実際は、自動取引プログラムツールを作成し、常にさや取りのチャンスを虎視眈々と狙ってプログラムの改善を続けるような投資のプロたちと、あなたが真正面から戦って勝てる自信があるのなら、ですが。

 

アービトラージ(裁定取引)で儲けられるような層は、確かなITスキルや金融スキルを持っており、別にアービトラージ(裁定取引)でなくても稼げるような人たちです。彼らは個人でやる場合であっても、本業がプロのディーラーであったり、アナリストであったり、はたまたクオンツであったりすることがしばしばです。そんなガチな人たちに真っ向からやり合って勝てる人が、果たしてどのくらいいるでしょうか?

また、アービトラージ(裁定取引)は、元手が相当大きくないと十分な利益を稼げない手段でもあります。それこそ、投資資金が数千万から億レベルあって初めて旨味を実感できる、そんな手法なんです。

あなたはそれほどの投資資金を持っているのでしょうか? もし持っているのでしたら、今すぐこんなハイリスク過ぎる仮想通貨投資なんかやめて普通の真っ当な株式投資や不動産投資や債券投資をして下さい(笑) あなたは高いリスクを取る必要がないお方だ!w

大半の人はそうではないし高いスキルも持っていないと思うので、結論としては、アービトラージ(裁定取引)はまったくおすすめできないということになります。

それでは、アービトラージ(裁定取引)という投資手法の中身を紹介しながら、なぜおすすめできないのかを説明していきたいと思います。少し難しい部分もあるかもしれませんが、どうぞお付き合い下さい。

ビットコインの価格が取引所によって違う!?

まず最初になんですが、色んな取引所でビットコインの価格を見ていると、あることに気付くかと思います。

  • コインチェック

  • ビットフライヤー

  • ビットバンク

そうです。ほぼ同じ時刻であっても、各々の取引所で価格が全然違うんですね。

 

普通同じものには同じ値段が付くべき一物一価の原則)なのですが、どうしてこのようなことが起きてしまうのでしょうか?

流動性リスクと価格差の関係~取引量が少ないほど価格は高くなりやすい~

実はこれは、概ね流動性(売買のしやすさ)によって説明することができます。

仮想通貨は流動性が低い(売買のしやすさについてのリスク=流動性リスクが高い)という話は、以前に少しだけしました。(下の記事リンク)

仮想通貨を始めよう その1 仮想通貨を始める前に知っておいて欲しいこと

流動性は取引所によってまちまちであり、規模の大きな取引所ほど流動性は高くなり(=流動性リスクは低い)、逆に小さな取引所ほど流動性は低く(=流動性リスクは高い)なります。

さて、取引所で自由に売買するとき、人間当然の心理として「できるだけ安く買い、高く売ろう」という心理が働くため、買値は安くなり、売値は高くなろうとします。ちなみに取引所でよくBidとかAskとか書いてあるのを見かけると思いますが、Bidが売りで、Askが買いのことです。

で、するとどうなるかと言いますと、売値と買値で溝ができてしまうんですよね。こんな風に。

人が多いほど値段提示の数自体が増えるため、規模の大きな取引所であれば売値と買値の溝は小さくなります。よってすぐに売買が成立します。逆に規模の小さな取引所ほど流動性が低いため、中々溝が埋まらずに売買が成立しなくなるリスクが高まります。

この溝を埋めるためには、普通はどちらかが妥協して歩み寄る必要があります。そして普通は流動性が低いとその分リスクを負っていることになるので、リスクに対する対価(プレミアム)が求められます。すなわち、流動性が低いほど価格は上昇します。

実際の例でも、取引量が一番と言われている(流動性が高い)コインチェックが最も安く、ついでビットフライヤー、ビットバンクと高くなっていきます。この関係性は取引量が逆転しない限り、基本的にはあまり覆るものではありません。

興味深いのは、個々人の自由に売買しているにも関わらず、流動性の低さというリスクがそのまま、自然発生的なスプレッド(売値と買値の差)となって現れてくるという事実です。

そしてこれが、一概に「ビットバンクはアルトコイン取引所だから、アルトコイン販売所より必ず安く買えるとは必ずしも言えない」理由です。もちろん販売所が定めるスプレッドよりかは安く済む可能性の方が大きいことは否定しませんけどね。

ちょっと難しい話になりますが、実は、流動性が十分に高い市場であれば、同じものにはきちんと一つの価格が付き、価格差は発生しません。

なぜなら、流動性が十分高いということは、一瞬で売買が成立するということですから、売値と買値の乖離がないということになります。(もし乖離があったら、どちらかが歩み寄るまで売買が成立しないので、一瞬で売買が成立するためには売値と買値に差があってはいけません)

したがって、流動性が十分に高い市場では、どこの取引所でも(あるいは他との取引所の関係でも)売値と買値に差が発生しないため、必然的に価格は一つに定まります。

ということは、逆に流動性が低いからこそ、価格に差が生まれているということです。仮想通貨市場の規模がまだまだ小さく、流動性が低いことが価格差を生み出していることを理解して頂ければと思います。

ほら、既にリスクがありますよね。

価格差とアービトラージ(裁定取引)~さやを取って稼ぐ「必勝法」!?

本来同じものには同じ値段が付いてしかるべきなのに、実際は流動性の低さによって価格差が生じています。この状況を利用して稼ぐ手段こそがアービトラージ(裁定取引)です。価格差を裁定してさやを取ることで利益を得ます。

……と言っても何のことかわからないでしょうから、具体例と一緒にやり方を説明しましょう。また少し難しいかもしれませんが、ついて来て下さい。


アービトラージ(裁定取引)の具体例

ビットコイン(BTC)を例にとって説明しましょう。

  • 取引所Aでは1BTC=110万円
  • 取引所Bでは1BTC=90万円

の相場になっていたとします。価格差は20万円ですね。

ここで、次の操作をします。

取引所AではBTCを売り
取引所Bでは取引所Aで売った分と同じだけBTCを買います。

高い方で売り、安い方で同数買うのです。もし売る現物が足りないときは、空売りと言って取引所からビットコインを前借りして売る方法があり、手数料分は損してしまいますが、同じような操作ができます。

このやり方は、売買単位数が多い方が利益も大きいのですが、ここでは簡単のため1BTC分取引したとしましょう。

さて、同じものに違う価格が付いている状態はもちろん自然ではありませんので、やがて価格差は縮まっていくと期待できるでしょう。やがて、取引所AとBのBTCの価格差は20万円から10万円に縮まったとします。

一方で、BTCそのものの価格は、上がるケースと下がるケースがありますよね。どちらの場合も見て見ましょう。

1.上がるケース
  • 取引所Aでは1BTC=120万
  • 取引所Bでは1BTC=110万

まで価格が上昇しました。ただし、価格差は10万円に縮まっています。

ここで、最初に売買したのとはまったく逆の操作をすることで、ポジションを元に戻します。特に空売りしているときは必ず後で買い戻さないといけませんので、必須の操作になります。

取引所AではBTCを買い
取引所Bでは取引所Aで買った分だけBTCを売ります。

最終損益は、次のようになります。

取引所A:110万円(売)-120万円(買)=-10万円
取引所B:-90万円(買)+110万円(売)=20万円
合計:-10万円+20万円=10万円の利益

2.下がるケース
  • 取引所Aでは1BTC=90万
  • 取引所Bでは1BTC=80万

まで価格が低下しました。ただし、価格差は10万円に縮まっています。

やはり、最初に売買したのとはまったく逆の操作をすることで、ポジションを元に戻します。

取引所AではBTCを買い
取引所Bでは取引所Aで買った分だけBTCを売ります。

最終損益は、次のようになります。

取引所A:110万円(売)-90万円(買)=20万円
取引所B:-90万円(買)+80万円(売)=-10万円
合計:20万円-10万円=10万円の利益

価格が上がるケースと下がるケース、どちらの場合でも利益が出ることがお分かり頂けたでしょうか。しかも、利益額はちょうど価格差の減少分(10万円)に等しくなっています。

やったことは、ただ高くを売り、安くを買ってから元に戻しただけ(だから最初の状態と何も変わらない)なのに、気が付くと利益だけが手元に残っているという美味過ぎる状態になります。最終的なポジションは変えずに、ただ価格差そのものからさやだけを取るわけです。


以上が、アービトラージ(裁定取引)の具体的なやり方になります。何となくやり方はわかったでしょうか?

例の通り、「理論上は」ビットコインの値段が上がっても下がっても、どう転んでも必ず儲けることができる魔法のような投資方法というわけです。

アービトラージ(裁定取引)のリスク~「必勝法」などではあり得ない~

ですが、理論上100%勝てる方法とは言いますが、実際本当にそんなうまい話があるものでしょうか。

 

こんな風に尋ねるということは、答えはもうおわかりでしょう(笑)

もちろんそんなうまい話はありません。タダで儲かるなんてうまい話は投資の世界にはありません。

リスクなしにリターンは得られない。投資の鉄則です。何度も何度でも忘れないようにしっかり頭に叩き込んで、必ず儲かるなんて甘い話を聞いたときには、常に思い出して下さい。

 

当然、アービトラージ(裁定取引)にもそれなりのリスクは付きまといます。

ここで思い出して欲しいのが、上の方で述べていた流動性リスクです。

流動性リスクが価格差を生むのだと言いました。価格差がなければ、そもそもアービトラージ(裁定取引)はできません。

したがって、アービトラージ(裁定取引)をする者は、必然的に流動性リスクに晒されることになります。そして、リスクがあるということは、損をする可能性があるということです。

では、一体どういう状況で損をしてしまうのか、また具体例を挙げて説明しましょう。


アービトラージ(裁定取引)流動性リスクの例

  • 取引所Aでは1BTC=110万円
  • 取引所Bでは1BTC=90万円

の相場になっていたとします。価格差は20万円ですね。

ここで、さや取りを狙って上の例と同じく、次の操作をします。

取引所AではBTCを売り
取引所Bでは取引所Aで売った分と同じだけBTCを買います。

また1BTC分だけ取引したとしましょう。

さて、同じものに違う価格が付いている状態はもちろん自然ではありませんので、やがて価格差は縮まっていくと期待できるでしょう。ここは縮まるまでは待てるので、じっとチャンスを待ったとします。やがて、取引所AとBのBTCの価格差は20万円から10万円に縮まったとします。

しめしめさやが取れるぞと、上の例と同じように、最初に売買したのとはまったく逆の操作をすることで、ポジションを元に戻そうとしてみます。

取引所AではBTCを買い
取引所Bでは取引所Aで買った分だけBTCを売ることを試みます。

BTCの価格は上がるケースと下がるケースがありますが、どちらも本質的には同じ話なので、1.上がるケースの場合で考えてみましょう。

  • 取引所Aでは1BTC=120万
  • 取引所Bでは1BTC=110万

まで価格が上昇していました。価格差は10万円に縮まっていました。

もしこの段階で即時に取引ができれば、10万円の利益が確定します。しかし現実の仮想通貨市場は流動性が低くて、取引が即時に成立するとは限りません。

特に、取引所Aと取引所Bで同時に即時売買が成立するという仮定は非現実的です。実際には、指値で注文したとしても、中々その値で取れない場合があったりするでしょう。必ずタイムラグは発生します。

このことを踏まえて、例えばこんなことになってしまったらどうでしょうか。

取引所Bでは、予定通りに110万円でBTCを売ることができました。しかし直後、いきなりBTCの価格が暴騰してしまいます。(これはよくあることですw)取引所AのBTC価格はたちまち跳ね上がり、指値のやり直しを懸命に試みますが上がり続けて上手く指せず、とうとう150万円にまで上がってしまいました。元々取引所Aでは空売りをしていたので、必ず買い戻さないといけません。

この場合、最終損益は次のようになります。

取引所A:110万円(売)-150万円(買)=-40万円
取引所B:-90万円(買)+110万円(売)=20万円
合計:-40万円+20万円=20万円の損失!!

なんと、絶対に儲かるはずのアービトラージ(裁定取引)は、見事に大損を叩き出してしまいました。


アービトラージ(裁定取引)の正しい理解へ~プロ向けの上級投資法であるということ~

どうしてこんなことになってしまったのでしょう。

理由は既に言いましたし、例の中にも現れています。流動性リスクのためです。売買したいときに即時売買が成立しないことが、理論上必勝法であるはずのビトラージ(裁定取引)に負けを生んでしまう最大の要因なのです。

では、なるべく負けないためにはどうしたら良いのでしょうか。そのためには、いかに狙った通りに売買を成立させるかがカギとなります。指値注文などを手でちまちまとやっていたらタイムラグが大きいし、例のように暴騰したときに途方に暮れてしまいますよね。

そこで、自動売買プログラムというのがよく組まれるのです。アービトラージ(裁定取引)では。

常に複数の取引所の価格変動を自動で取得して、価格差が広がったときにすかさず同時売買できるようにプログラムを組んで待ち構えておくのです。

これができないと、そもそもアービトラージ(裁定取引)では勝負の土俵にすら立てません。理論上は必ず儲かるからこそ、プロがこぞってやっているからです。

コンピュータによるプロの徒党を組んだ自動売買に、あなたは手で挑んで勝てると思いますか? あるいは、騙されて買ってしまった自分じゃまったく弄れもしないちゃっちい個人用プログラムツール一つで敵うとでも?

 

ですから、素人にはまったくおすすめできない上級者向けの投資法なんですよ。アービトラージ(裁定取引)は。

もう一つあります。冒頭でも言いましたが、投資金額が大きくないと十分な旨味がないのです。

例では価格差が20万円という美味しい状況でしたが、実際は精々が数万円程度です。そして、綺麗に価格差が縮まってくれるとも限りません。100万円以上を投じても、一回のさや取り成功で稼げるのはおそらく数千円といったところでしょう。逆に失敗すれば簡単に数万は吹き飛びます。

要するに、よほど投資金額が大きくて、自分でプログラム組んで改良しちゃうくらいのガチ勢じゃないと、アービトラージ(裁定取引)なんてとてもできないよって話なんです。素人が手を出さない方が良い理由、何となくおわかり頂けたでしょうか。

アービトラージ(裁定取引)の役割~市場の見えざる神の手~

最後に、アービトラージ(裁定取引)の市場全体における役割を紹介して、この記事を終えたいと思います。

アービトラージ(裁定取引)を行う者が多くなることで、果たして何が起きるでしょうか。

アービトラージ(裁定取引)では、高くを売り、安くを買うことを常に行います。これを行うものがたくさんいれば、高い取引所の価格は売られることで下がっていき、安い取引所の価格は買われることで上がっていくでしょう。

さや取りがたくさん行われることによって、取引所間の価格差は是正され、次第に均一の価格に収斂していくことになります。

これを指して、市場には自動価格調整機能がある、と言われています。またはもう少しロマンチックな言い方として、見えざる神の手が働いているとかも言われます。

そして、流動性が十分に高まった成熟市場――いわゆる完全競争市場では、すべてのものには唯一の適正価格が付き、さや取りは一切不可能になります。

これを、ノー・フリーランチの原則と言います。タダ飯を食うことはできないよってことですね。

関連記事

  1. 投資の知識

    単利と複利の違い~複利の「感覚」を掴もう~

    単利と複利の違い~複利の「感覚」を掴もう~単利と複利の違い~み…

  2. 投資の知識

    投資におけるリスクとは何か?~リスクの数学的定義を学ぼう~

    投資におけるリスクとは何か?~リスクの数学的定義を学ぼう~リスクに…

  3. 投資の知識

    運用成果の求め方~投資パフォーマンスを自分で評価できるようになろう~ その2

    運用成果の求め方~投資パフォーマンスを自分で評価できるようになろう…

  4. 投資の知識

    運用成果の求め方~投資パフォーマンスを自分で評価できるようになろう~ その1

    運用成果の求め方~投資パフォーマンスを自分で評価できるようになろう…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

リンク

数学ブログもやってます

restmath.com

  1. Cardano(ADA)

    Cardano(ADA)について徹底的に調べてみた その1 ホワイトペーパーを読…
PAGE TOP
error: Content is protected !!