ビジネス活動・イベント・勉強会

Cardano(ADA) 第1回 ウロボロス論文勉強会開催のお知らせ

Cardano(ADA) 第1回 ウロボロス論文勉強会開催のお知らせ

■ウロボロス論文の勉強会をします

僭越ながら、私(レスト)はCardano(ADA)記事を2回に渡り連載してきました。

Cardano(ADA)について徹底的に調べてみた 第1回~ホワイトペーパーを読み解く~

Cardano(ADA)について徹底的に調べてみた 第2回~ウロボロス 新たなるPoSシステム~

幸いにしてどちらもそれなりに好評を頂きまして、第3回ではいよいよウロボロス論文の中身について解説しようと意気込んでいたのですが……。

原論文リンク:Ouroboros: A Provably Secure Proof-of-Stake Blockchain Protocol

難しい……。難し過ぎる……!

 

まず英語のままだと多くの人に向けて解説しようがないという問題があります。ですので解説以前にそもそも日本語訳を作らないといけないのですが、元の英語が中々格調高いせいで翻訳すらも骨が折れます。こんなところでまで苦労させないでくれ(笑)

私の乏しい英語力では遅々として翻訳作業は進まず、半ば断念していたところでした。

モチベーションが一向に上がらなかった理由としては、Cardano財団の方から翻訳プロジェクトを順次進めていくとのコメントを頂いていたということもあります。だったら私がやらなくてもそのうち公式から上がるんじゃないかと。

ただ冷静に考えてみると、どう考えてもウロボロス論文の日本語訳なんて優先度低いですよね……(笑)最悪永久に出ないかもw

 

ウロボロス論文の日本語訳が中々出て来ないし、出て来そうな気配もなく、Cardano(ADA)解説記事の続きが書けないままそろそろ2か月が経過しようとしています。

そもそも私自身、論文の内容が難し過ぎて中々理解できない……。自分が理解できないものを解説できるわけがないのです。

そこで、論文の読解を目的として勉強会を開催したいと思います!

 

私だけでなく、論文を少しでも理解したい人が集まって知恵を絞り、協力して読み進めていくのです。内容のレベルが非常に高いので100%の理解は無理と考えていますが、概要だけでも掴めたらそれだけでもかなり勉強になるではないかと思っています。

■勉強会の進め方

IT系論文なので数学的色彩が結構強いです。したがって数学のテキストを読み進めるような輪講形式にしようかと今のところは考えています。

輪講形式というのは、各部分で主たる担当者を決め、担当者は自分や他の方のわからないところをなるべく解説できるレベル(どんな質問をされても答えられるレベルが理想ですが、あくまで理想なので可能な限りで良いです)まで予習してきて、読み進めながら発表するというものです。とても難しいので諦めるべきところは諦めてしまって良いですが、最低限わからない部分だけでもはっきりさせて来て下さい。当然ですが、ちゃんと理解したいなら他の方も予習は必須です。

それから難易度や私情で担当自体が厳しい場合は、早めにヘルプを求めるようにして下さい。このブログへのコメントでも対応します。もちろん最初から担当できそうにない者には回しませんのでご安心下さい。

こちらのやり方については一案であり、要相談です。こうした方が良いのではという案があればコメントや勉強会の場で意見下さればと思います。

ちなみに勉強会の場所はカフェなのですが、プロジェクターがあります。パワポを使いたい方は、Twitterでカフェ運営者の

 さん

に事前にお願いしてパワポを送付するか、自身でノートPCを持ってくるなどすればスライドを使った発表もできると思います。

■初回の内容と予習範囲について

初回については私が発表者をやります。

おそらくは1導入までを読み進めながら、色々と注や先行研究があるので内容を補足して膨らませていくようなイメージになるでしょう。ですので、1導入までを予習して頂ければと思います。初回なので軽めにしましょう。

既に参考資料として日本語訳をブログに上げていますので、誤訳等あるかもしれませんがよかったらご利用下さい。訳については今後も随時進めていく予定です。予備知識として、合意形成アルゴリズムに対する種々の攻撃についての解説記事も上げる予定です。

以下、初回までに調べて知っておいて欲しい予習項目についてまとめておきます。すべてインターネット検索等で知ることができるでしょう。私のブログにもある程度ならば解説があります。

初回の予習項目

  • ブロックチェーンとは何か(ブロックやトランザクションなどの基本用語)
  • PoW、PoS、PBFTなど種々の合意形成アルゴリズムとそれらの特徴
  • 合意形成アルゴリズムに対する種々の攻撃(こちらは私の記事でも補足します)

■参加メンバー

・私(レスト)
・宮武さん(カルダノ財団)
・戸塚さん
・小谷さん
・加嶋さん
(カフェ提供者の方)








@Nexu6buy 

以上15名定員に達しました。これほどの方のご参加、誠にありがとうございます。お店の広さ的にきつくなりますが若干名ならばまだ入るそうですので、当日飛び入りでの参加も多少は可能かもしれませんが、とりあえずはこちらのメンバーでやっていきたいと思います。

■日程など

  • 日程:2018/3/4(日)14:00~(終了時間は様子を見て決めますが、休憩を挟んで夕方までじっくりやる予定です)
  • 参加費:無料。ただし、交通費は自己負担でお願いします。
  • 場所:八王子のカフェ「Crypto 8」(提供者の さんありがとうございます!)

  • 二次会:希望が多ければやります。こちらは無料になるかどうかはわかりませんが、カフェ提供者がサービスして下さるかもしれないということです。
  • 持ち物
  1. ウロボロス論文(原論文および日本語訳)(各自プリントアウトお願いします。日本語訳はどこかにPDFでも上げます)
  2. 筆記用具、ノート
  3. PCorスマホ(合意形成アルゴリズムに対する種々の攻撃について、私の記事も読みつつ進める予定です)

■次回以降の予定について

初回の手ごたえを見てから改めて進め方を考えたいところですが、基本的には担当者を指名して順に回していく感じになると思います。

また、4月に入ると新年度で皆さん忙しくなりますので、3月中にもう1回やってしまおうと考えています。土日祝のいずれか、参加メンバーの可否を見てなるべく多い日にしましょう。

開催の間隔ですが、なるべく月1~月2程度を心がけたいところです。もしかしたら3週間に1回くらいが良いかもしれないです。というのも、あまり少な過ぎると進まないし、あまり多くても予習が十分にできないという問題があるからです。1回や2、3回であの内容をまともに理解するのは不可能なので、1年くらいかけてじっくりやるものだとお考え下さい。

皆さんのご参加とやる気を期待しております。

関連記事

  1. Cardano(ADA)

    Cardano(ADA) ウロボロス論文日本語訳 冒頭~1導入まで

    注意書きこの文章は、IOHKの論文"Ouroboros: A …

  2. ビジネス活動

    【ビジネス参加者・出資希望者募集】トークン報酬型クリエイタープラットフォームビジネス

    【ビジネス参加者・出資希望者募集】トークン報酬型クリエイタープラットフ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. Cardano(ADA)

    Cardano(ADA)について徹底的に調べてみた 第1回~ホワイトペーパーを読…
PAGE TOP