仮想通貨

仮想通貨を始めよう その4 主な取引所一覧と私の活用法

主な取引所一覧~私なりの活用法を教えます~

主な取引所一覧~私なりの活用法を教えます

前回は私の投資スタイルについて書きました。今回はそれぞれの取引所について、特徴や使い方などをお話ししていこうと思います。(例によって販売所・取引所は2つとも兼ねているところが多いので、まとめて取引所と呼ぶことにします)

どうしても私の主観に基づいた話になってしまうため、人によっては違うぞと思うようなことがあるかもしれません。そこは予めご了承下さい。

とりあえず登録だけは色々しておこう

さて、私が実際に登録している取引所は以下の通りです。登録だけしてほとんど使っていないのもありますが、倒産リスクサーバーダウン等による機会損失のリスクなどを考えると、登録だけは色々なところでしておいて、なるべく好きなときに動けるようにしておいた方がよいでしょう。登録しておいて損することはないですからね。もちろん他にも色々ありますが、大体以下に挙げるくらいのところを登録しておけば困ることはないと思います。

ちなみに全部ではないのですが、いくつかは私のアフィリエイトリンクになっていますので、こいつに1円でも報酬やるのは癪だなと思ったら必ず避けて下さい(笑)

別にいいよ登録くらいしてやるよって方、私の明日の食費が浮きそうです。ありがとうございます!!!

♦国内取引所

  • コインチェック(Coincheck)(始めは多用していましたが、たぶんもう使いません。理由は後述

Coincheck

  • ザイフ(Zaif)

Zaif

  • ビットフライヤー(bitFlyer)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

  • ビットバンク(bitbank)

bitbank

  • GMOコイン販売所のみで、取引所はなし。登録だけして使っていません)

GMOコイン

  • SBIバーチャル・カレンシーズ

SBIバーチャル・カレンシーズ

♦海外取引所

  • Bittrex

Bittrex

  • Binance

Binance

  • Bitfinex

  • Cryptopia(いわゆる草コイン取引所。登録だけしていますが、私の投資方針が草コインとは無縁なのでたぶん使いません)

Cryptopia

♦海外両替所

  • Changelly(仮想通貨同士で直に両替ができるのが特徴。手数料率一律0.5%と良心的な水準。登録だけしていますがまだ使っていません)

Changelly

 

私は登録していませんが、他にも有名なところの一例

  • Quoinex(シンガポールで設立された取引所の一つ。スプレッドが狭いのが特徴らしいです)

QUOINEX

  • Poloniex(海外大手取引所の一角)

Poloniex

  • Coinexchange(海外取引所の一つ。草コインを豊富に取り扱っています)

CoinExchange

 

ざっと挙げるだけ挙げましたが、私なりの2017年12月時点におけるベストアンサーは、次の5つを組み合わせて使うことです。

  1. ザイフ(Zaif)

  2. ビットバンク(bitbank)

  3. SBIバーチャル・カレンシーズ

  4. Bittrex

  5. Binance

これが私の取引所活用法だ!

1.ザイフ(Zaif)の使い方

  • イーサリアムを取引所で購入し、海外取引所で取引するための資金とする
  • ネムやモナコインやビットコインキャッシュを取引所で安く買うのに使う
  • ザイフトークンなどのオリジナルトークンが買える。お好みでどうぞ
  • サーバーが比較的弱いのでサーバー落ちに注意

2.ビットバンク(bitbank)の使い方

  • イーサリアムを取引所で購入し、海外取引所で取引するための資金とする
  • ネムやモナコインやビットコインキャッシュを取引所で安く買うのに使う
  • つまりザイフと似たような使い方ができるので、ザイフと互いにカバーとして活用するイメージ
  • 取引量があまり多くないため、売買が中々成立しないケースがあることに注意

3.SBIバーチャル・カレンシーズの使い方

まだ未使用なので、使い慣れてきたら追記します。住信SBIネット銀行との絡みで、入送金の繋ぎや最終利確用としての用途が最有力です。

4.Bittrexの使い方

  • メインの取引所として使う。国内取引所からイーサリアムを送り、それを使って買う。欲しいコインが安い手数料で買える
  • サーバーは比較的安定している印象。ただし安定のために、2017年12月現在は新規登録を一時停止している
  • アカウントのステータスをEnhancedにしないとまともに使えない。するまでが結構面倒。すべて英語なので苦労するかも
  • 英語ができないとサポートには期待できない。すべて自己責任で

5.Binanceの使い方

  • メインの取引所として使う。国内取引所からイーサリアムを送り、それを使って買う。欲しいコインが安い手数料で買える。現状では最も手数料が安い。
  • 登録はしやすいが、その分ザルであるとも言える。サーバーもやや重く、安定性は犠牲になっている。
  • 日本語に対応している。サポートもちゃんと対応してくれるとの話。

それから、日本円入金についておすすめの方法を書いておきます。

住信SBIネット銀行を利用しよう~送金手数料をタダにするコツ~

まず仮想通貨の取引を行うためには、もちろん最初に日本円を入金する必要があります。そこで、入金用の銀行としては、住信SBIネット銀行が圧倒的におすすめです。

なぜかと言いますと、日本の取引所の場合、入金先として住信SBIネット銀行の普通口座が指定されていることがよくあります。そして、住信SBIネット銀行同士では、送金手数料がかからないからです。

たかが手数料くらいと思うかもしれませんが、されど手数料です。取引を繰り返すならば、たとえ一回一回は少額でも、積み重なると決して馬鹿にならない金額になってきます。

投資における最大の敵と言っても過言ではないのが、手数料税金ですからね。

 

こいつらがいるから、基本的にゼロサムゲームのFX取引なんかは、上手くやらないと期待値的に税金と手数料分だけしっかり負ける算段になっています。仮想通貨取引は、一見ゼロサムゲームに見えて、今は市場の成長期なのでプラスサム(単なる通貨取引ではなく、実態はベンチャー企業への投資に近いものだと個人的には思っています)だと思いますが、それでも手数料分は確実に負けます。確実に負ける分をいかに減らすかは、とても重要です。

ですので、住信SBIネット銀行に口座を作っておくことを強くおすすめしておきます。

リンクはこちらです。

住信SBIネット銀行

関連記事

  1. Cardano(ADA)

    Cardano(ADA) ウロボロス論文日本語訳 冒頭~1導入まで

    注意書きこの文章は、IOHKの論文"Ouroboros: A …

  2. 仮想通貨

    仮想通貨を始めよう その3 長期分散投資のすすめ

    長期分散投資のすすめ~敗者のゲーム―ほぼ負ける素人がそれでもプロに負け…

  3. NEM

    NEMを自分なりに調べてみた~「富の分配」の理想と現状の課題点~

    NEMを自分なりに調べてみた 第1回~「富の分配」の理想と現状の課題点…

  4. 仮想通貨

    仮想通貨を始めよう その2 取引所に登録しよう

    取引所に登録しよう 一般的な登録の流れ取引所に登録しよう前回、…

  5. ポストブロックチェーン通貨

    ポストブロックチェーンの到来~DAG系通貨の未来に迫る~

    ポストブロックチェーンの到来~DAG系通貨の未来に迫る~IOTAと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

リンク

数学ブログもやってます

restmath.com

  1. Cardano(ADA)

    Cardano(ADA)について徹底的に調べてみた その1 ホワイトペーパーを読…
PAGE TOP
error: Content is protected !!